貸金業の種類(2)

貸金業の続きです。前ページを観ていない方はこちらへどうぞ。




街金(消費者金融)

 銀行や郵便局とは違い、特に特別な審査を必要としないで金銭の貸し借りを行なっている職種です。比較的短時間に簡単に大金を借りれるのが売りですが金利が罰則にかかるギリギリの所で運営しているため、安易に借り入れを行なうと痛い目をみますが、計画的に利用していけば非常に効率の良い金融機関になります。街金の審査は非常に単純で貸した金銭を返せるかどうかに有ります。その目安として職業が有ります。基本的に安定収入がある公務員や大手企業などは比較的簡単に高金額を借りれますがアルバイト・パート言った収入に不安があるような職業の場合は貸しはすれど低金額の貸付しかしません。最近ではATMと同じような間隔で繁華街等に無人貸し出し機が存在し、返済も各金融機関やATM等多彩にあるため、気楽に借りれ簡単に返せる様になってきています。

 街金のメリットは簡単に現金が借りれる事に有ります。基本的に18歳以上で無いと(免許など一応本人確認するため)借り入れは出来ませんが、審査が簡単で保証人がいる場合はすぐにでも融資が受けれる状態になります。街金によっては無担保・無保証人無しでかいりられる所もあり。デメリットとしては利子の設定が銀行や郵便局と違って処罰されるギリギリの利息で運営している街金が多く、返済が滞るとたちまち利息まみれになる可能性があります。また街金んも中には悪徳業者もいるため法定金利をいつの間にか引き上げられていたりする場合もあるので街金で借り入れる際には契約書を十分確認してから借り入れする事をオススメします。ちなみに街金全盛期の時代道端に立っているいるお自○さんに話しかけられて外国人がびっくりしていたのを思い出しました。そういえば最近見なくなりましたね「お○動さん」、センサーで通行人に反応して喋るとか地味に斬新だったんですけどね。

クレジットカード

 街金と混同されがちですがクレジットカードを扱っている会社の事を「信販会社」と言います。街金と見分ける方法は簡単で現金引き出しが出来ないが各契約店舗で支払いが出来るカードを発行しているのがクレジットカード会社になります。貸金業でも後期に出てきた新しいタイプの貸金方法ですが、カード一枚で契約・購入が出来る利便性がうけ、かなりの数のクレジットカード会社が出てきています。クレジットカードのメリットは普及率が高いため各金融機関が運営するATMや国内・国外に旅行したときに大量の現金を持ち歩く事をしなくて住む事です。デメリットはクレジットカードで買い物を行なうと口座の残金を確認し忘れクレジットカード会社に借金をしてカードを使っている事に築かない場合が有ります。またクレジットカードを作る際の審査基準も厳しく即日利用を考えている人にとっては時間のかかる場合が有ります。基本的に仕事・給料が安定している職業で在ればクレジットカードを作る際の審査は特に問題ないと思います。今後、海外旅行等国外に渡航する場合は換金する手間を考えるとクレジットカードを作っておいた方が良いかもしれません。

おすすめWEBサイト 5選

声優養成所を徹底調査!

最終更新日:2017/11/15


KANE-KANE-KANE (C)クレジットFAQ 2009 All rights MANY-CARD.